きしもと食堂・本部町散策「どこかにマイル」で沖縄旅行に行ってみた

さて、JAL「どこかにマイル」の旅ブログ、なんと今回で6回目です。

1泊2日の旅でこんなにも書くことがあるとは…。

「どこかにマイル」の旅先は沖縄。その沖縄滞在2日目のドライブ先を書きたいと思います。

「どこかにマイル」でGETした航空券ですが、
帰りは20時50分発羽田行きの便なので、2日間は目一杯沖縄を楽しめます。

2日目。私たちは沖縄そばを食べに、本部町というエリアまで車で行きました。

スポンサーリンク

沖縄そば街道(沖縄そばロード)へGO

本部町は泊まったホテルがある名護からは約30分ほど。
那覇から行くと車で1時間半ちょっとかかります。

本部町の中心を走る県道84号線は沖縄そば街道(沖縄そばロード)と言われていて、
美味しい沖縄そば屋さんが充実しているそう。

という訳で向かう事にしました。向かった先は「きしもと食堂」。

前に本で見てその雰囲気からどうしても行ってみたかったお店です。

老舗っぽい雰囲気に惹かれて、早速向かいました。

スポンサーリンク

「きしもと食堂」で絶品沖縄そばを

お昼ちょっと前に到着した「きしもと食堂」。

到着すると、すでに行列が。

雰囲気で美味しそうなのが良くわかりますよね。

創業が明治38年というので、113年前に創業された老舗中の老舗です。

看板の雰囲気も素敵です。これは間違いない!

ちなみに私の前に4組位並んでいましたが、回転が速いので10~15分程度でお店に入る事ができました。

小さなお店なので相席でした。

無数のサインが!なんとあの料理の鉄人で(古い?)お馴染みの料理研究家の岸朝子さんのサインも。

さてここのメニューはシンプルで

  • そば大 ¥650
  • そば小 ¥500
  • 手作りジューシー ¥250

この3つのみ。私はそば小を、夫はそば大を頼みました。座ってから数分という早さでおそば登場。

慌てて撮ったのでまさかのピンボケ(T-T)ちなみにこのピンボケは私が食べたそば小。

こちらが夫が頼んだそば大。

コシがある私好みの固めの平麺でホントに…

「美味しゅうございました。」(岸朝子さん風に)

うん、すごく満足。お肉もやわらかくてあっさりしていて美味しい!

なんでしょうね。このほっこりする味。

外国人観光客もたくさん居ましたし、もちろん私たちのように日本人観光客も。

あと地元の人もいらっしゃいました。地元の方も観光客も入り混じるお店ってかなりいいお店だと思います。

スポンサーリンク

本部町エリア散策

お腹が満たされたところで「きしもと食堂」のある本部町エリアを散策することに。

近くに「本部町営市場」があります。

ちなみに本部町は沖縄本島のこんな場所にあります。

もうちょっと車を走らせると「美ら海水族館」があります。

「ようこそ!まちぐゎーへ」の看板!「まちぐゎー」とは市場の事だそうです。

ちなみにこのピンクの枠にはこんな事が書かれています。

「本部町営市場とは」
その歴史は市場の所在地である、港町「渡久地(とぐち)」の歴史とともに発展してきました。
名護、那覇、離島への物流の重要な港町として栄えた渡久地には多くの人が集まり市場も大変な賑わいでした。またカツオ漁が盛んで古くから鮮魚の美味しい町として有名です。
そんな港町の市場周辺には「さしみ屋」さんや老舗の沖縄そばの店などローカルフードがいっぱいです。また、最近では市場の雰囲気に惹かれた若い世代が店を開いています。新旧入り混じる不思議なレトロ空間。そんな「もとぶ町営市場」にあなたも遊びに来てみませんか。

レトロな空間!初めて行ってみましたがノスタルジックで何とも言えない私たち夫婦好みの町でした。

レトロ~。とても味のある場所です。

小さな商店が連なっております。

こういう路地もグッときます。これこそまさにフォトジェニックです。

この雰囲気もたまりません。さしみとか色々買って帰りたい…。

 

消費税ストップしてほしいのは私も同じ笑

「きしもと食堂」に行く手前にある「仲宗根ストアー」ここが非常に気になったので入ってみる事に。

この雰囲気。なかなかこの味は出したくても出せません!

ぐしけんパン。気になるー。

初めて見た小麦粉。沖縄の薄力粉(沖縄製粉)と書いてあります。

沖縄の美味しい天ぷらは、この小麦粉のおかげなのかと思ってみたり。沖縄のてんぷらって独特で美味しいんだよなあー。

ちなみにこの「仲宗根ストアー」で私たちは…

沖縄そばの麺を買いましたー!麺は出来るだけローカルな感じの麺を買ってみました。

「ぐしけんそば」

見た目と名前に惹かれる…。これで自宅でも沖縄そばが楽しめる。

という訳で…。

帰ってから割とすぐ作りました。

そばのゆで時間が袋に書いておらず、ネットで調べましたところ15秒~30秒とのことだったので、

20秒ほどゆでました。固めが好きな方は15秒で十分です!

ちなみに上に乗せたラフテー(豚の角煮?)も半日かけて作りました!沖縄のかまぼこがないのが残念でしたが…。

ついでにジューシーも作りましたよ。我ながら美味しかったです。

この本部エリア。またゆっくり来てみたいスポットです。

「きしもと食堂」の駐車場の場所

「きしもと食堂」に行く方はほとんどが車で行かれるかと思います。

ズバリこの写真の通り!ここが「きしもと食堂」の駐車場です。

町営市場の駐車場と、「きしもと食堂」の駐車場どちらも使えるようです。

わりと駐車場は充実しているようでした。

私たちは駐車場の場所がわからず、ちょっと駐車場に迷ってしまったので、きしもと食堂の駐車場の場所を解説しておこうと思います。

名護方面から県道84号線を使っていく場合を解説します。Gooleマップの写真を使いますが、

スマホだとちょっとスクロールしにくいかもしれません。(ごめんなさい)

駐車場がわからない方、頑張ってスクロールしてくださいね。

県道84号線を名護から本部方向に進むと「渡久地交差点」があります。

「渡久地交差点」を右折します。

右手に先ほど紹介しました雰囲気バグツンの「仲宗根ストアー 」。

左手には本部町営市場です。十数メートルほど進むと。

「仲宗根ストアー」の先に「新垣ぜんざい屋」が見えます。

その「新垣ぜんざい屋」の右わきを進みます。

この「新垣ぜんざい屋」の右わきの路地です。

「新垣ぜんざい屋」の右わきの細い路地を進みます。

先に見えるライトグリーンの建物をの先を左折です。

この道の先が駐車場です。進むと「きしもと食堂」の文字が書いてあるのでわかると思います。

細い道なので気を付けて進んでくださいね。

この辺りに泊まってみるのも面白いかも。いや、泊まってみたい。

南国リゾート感もしっかり味わえ、こういったローカルな感じも味わえる。

改めて沖縄本島の奥深さを知りました。

また必ず来ようとおもいます。

「どこかにマイル」旅。これまでの流れはこちらです↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です