バイマの梱包作業を楽に!便利な梱包お助けアイテムをご紹介!

メルカリ、ラクマ、ヤフオク、バイマなどなど。

個人で物を売りやすい時代になりました。

数年前は個人が自宅で物販をする事が珍しかったと思うのですが、

メルカリなどのフリマアプリの出現で近年グッと身近になってきたのではないかと思います。

以前も荷物の梱包についてお話しましたが、メルカリでもヤフオクでもバイマでもついて回るのが梱包作業。

帽子・ベースボールキャップの梱包は?帽子の発送におススメ梱包材をご紹介。

2018.02.27

効率よく作業をしていかないと無駄に時間を過ごしてしまうことになります。

今回は私が利用している梱包作業に便利なお助けグッズをお話いたします。

キョウコ
道具を選んでスピーディーに梱包するのがポイント!テレビショッピング気分で、誰でも入手可能で便利な私愛用アイテムを紹介いたします!

それではスタート!

スポンサーリンク

梱包時の手荒れを予防!作業用手袋はダイソーで。

バイマのように海外で商品を買い付けて、国内のお客様に商品を送るというような、

いわゆる転売を実践されている方は、海外から荷物が届き、それを検品し出荷していると思います。

海外からの荷物の開封って多いと大変じゃないですか?

私は意外とこの作業が嫌いなのです。

何故嫌いなのかというと…

ダンボールを触ると手が荒れるからです笑

ふざけている訳ではなくて、日に何個もダンボールを素手で触ると、

手が荒れたり、ささくれが出来たり、酷い時はネイルがはがれてしまったり…。

ネイルがはがれると途端にテンション下がります……。

という訳で手袋必須です。

手にフィットして使いやすい作業用手袋を見つけられなかったのですが…

滑り止め付きの手袋を利用しています。

これはダイソーで100円。ダイソー、かなり使えます。

軍手だと女性には大きいですし、野暮ったいですよね。

これはしっかり手にフィットしてくれるので作業がしやすいです。

手袋で手荒れを防ぎましょう。

ちなみにこの手袋、私の夫は自転車を乗るときなど普段使いしております。

スポンサーリンク

粘着がつかないペーパーナイフ。到着ダンボールの開封にはコレ

海外から届く荷物ってテープが頑丈にしてあったり、インボイスがべったり貼られていたり、開封が結構大変だと思うのです。

ダンボールに貼られているテープをはがすのも一苦労。カッターだと粘着がついてしまい、

すぐに、切れ味が悪くなってしまいます。そんな経験ありませんか?

そこで!私利用の便利なアイテムです。

この小刀のような形状のナイフ。このコ、かなり優秀なコで粘着性のあるテープを切っても、粘着が刃につかないのです。

このアイテムでかなり荷物の開封が楽になりました。

このペーパーナイフ。テープがつかないだけではなく、切れ味も抜群でして。

ダンボールもザクザク切る事が出来ます。

お値段もお手頃なので、1つ持っておくと良いかもしれません。

梱包をしない方でも、ペーパーナイフなので、お手紙などの開封にも普通に使えます。

スポンサーリンク

テープを切ってもべたつかないハサミ『コクヨ エアロフィット』

梱包作業で使うのがテープ。テープをハサミで切るとすぐに粘着がついてしまいます。

ルナちゃん
粘着粘着って。そんなに粘着嫌いなの?ちょっと粘着気にし過ぎじゃない?

気にしたくなくてもどんなに切れ味の良いハサミでもテープを繰り返し使うと、

ハサミの刃に粘着がついてしまいます。ついたら取ればいいのですが、

だったら最初から粘着がつかないものを選んだ方がいい!

という事で私愛用のハサミはこちら。

コクヨ ハサミ(エアロフィット)

これは繰り返しテープをハサミで切っても、粘着がつきづらい。

ハサミの刃に粘着がついてしまうストレスを解消してくれます。

梱包作業をしない人、しないご家庭にもこれはおススメ!

ん?普通に生活していてハサミに粘着がつくことあるでしょうか?

……。

ありますよね。あるでしょう!

こちらもお手頃価格でおすすめの梱包アイテムです。

シール剥がしなど。何かと使えるネイル用ウッドスティック。

海外から商品が送られてくると結構な頻度で値札シールが貼られている事があります。

値札。皆さんはどうしていますか?

私は外しづらい場合には、値段の部分をマジックで塗ったり、修正テープを使って隠したりします。

剥がせそうな場合はドライヤーを使いシールの粘着を温めてそっとシールの端から、

ウッドスティックを利用してゆっくりシールをはがしていきます。

こんな感じのアイテムです。

ネイルで利用するだけあって、当たりもソフトなので綺麗にシール剥がしができます。

割とコツがいるので失敗しても大丈夫なもので何度か試してみてくださいね。

またこのスティックですが、細かい作業にも結構使えます。

私の場合はキャラメル箱に入ったアイテムを開封して検品をする際に使います。

iPhoneケースなどはよくキャラメル箱に入っていると思うのですが、

検品をしようと箱を手で空けようとすると、蓋部分が折れてしまう事があります。

開封する際にウッドスティックを使うと綺麗に開封することが出来ます。

ドラッグストアなどでも入手できますし、ネットでも安くて色々な種類が出ていますので、持っておくと良いと思います。

バラバラになりがちなOPP袋を使いやすくするアイテム

先日、梱包の話でOPP袋(オーピーパック、クリスタルパック)を利用している事を書きました。

このOPP袋なのですが、使いたいときにすぐ使えるように収納するのが意外と大変。

色々と探して見つけたのがコレ。

ゴミ袋用の収納アイテムなのですが、意外とこのOPP袋にもしっくりハマりまして。

こんな感じで収納しています。

梱包で使用する時はこのように引き出すだけでOK。

ストレスなく取り出せるので梱包作業がスピードアップします。

見た目も綺麗になるのでおすすめです。

OPP袋はサイズがたくさんあって合わないものももちろんあります。

このケースに入らないものはこんな感じで書類ケースに入れています。

色々なサイズのOPP袋が収納で来てスッと引き出すことができるので、割と使いやすいです。

これですと100円ショップのアイテムで出来ますね。

まとめ

梱包作業が楽になったり、便利なアイテムはたくさんあります。

今回は(今回も?)私の愛用のアイテムを紹介させていただきました。

便利で使い勝手が良いアイテムは、作業を楽にしてくれたり、

作業時間を短くしてくれます。作業時間が短くなると、浮いた分の時間で他の事が出来ます。

時間は無限ではないので、道具に頼れるところはしっかり頼って、効率よく作業を進めましょう!

帽子・ベースボールキャップの梱包は?帽子の発送におススメ梱包材をご紹介。

2018.02.27

スニーカーの梱包方法は?メルカリでも使えるおすすめのダンボール

2018.02.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です